リンゴの産地直送。ふじ やたか 増田のりんごをお届けします。

こだわりの剪定鋏

  • HOME »
  • こだわりの剪定鋏

■こだわりの剪定鋏

わたし「野田」が使っている剪定鋏は、ちょっと違います。

Dscf00371

私も以前は剪定の指導を受ける立場でしたから、いろいろな先生方から学びました。そして、出会ったのがすばらしい鋏でして、ずっと、それを使用しております。平成元年、青森県で全国りんご大会がありました。 その時、私が自分の鋏を、大鰐の三國ハサミ屋さんで購入したのが、こだわりの始まりでした。

 

▼地元の鍛冶屋さん

その後、見つけたのが、地元増田町にある真人(まと)の鍛冶屋さんです。その鍛冶屋さん、佐々木修治氏は、35年のベテランで、春先は、接ぎ木用ナイフ研ぎ。剪定時は、鋏の研ぎ、修繕、製造と言ったぐわいにお世話になっておりお付き合いさせていただいておりました。また、増田町消防団で第2分団といった同じ分団仲間でもありました。

クワなどといった農具から始まった昔からの鍛冶屋さんで、包丁、草刈ガマ、ナタなどを製造販売しておりました。最近は、クワを農家であっても使わなくなり、昔は一番忙しい時期であった4月・5月・6月も、それほどでなくなったと言います。

Dscf003521

私には、良く解りませんが、熊を捕る時のナガサ、ツルギナタと言うものが、注文に追われていた時期があったようです。

 

▼そして、剪定鋏へ

佐々木さんが友人の方から勧められ、握りから、バネ、ネジの付け方も独自に開発して剪定鋏を作ってみたら、と言われたのが平成6年。それ以来、佐々木さんの作る剪定鋏も、地元の果樹産業と共に成長していきました。

一人一人、手のサイズが違うため、鋏もそれに合ったように作ることが必要です。刃の角度から、刃先の傾き好み、使う人の癖に合わせて作れるのが、地元でも人気の秘訣だったのでしょう。

遠くは県外から、青森県、岩手県、福島県、山梨県、栃木県、新潟県からも問い合わせがあり、毎日忙しい日々を送っておりました。依頼してから5日ぐらいすると、剪定鋏は出来上がりました。

作る人もそうですが使う人がこだわりを持つことが大切であると思います。ちなみに、私の鋏は、パンパンと切れるのでなく、ジナッと切れ、軽くて、サビなく、疲れなく、肩に負担がこなく、小さめで…こだわってます。ずっと、大切に使っております

それが、幻の鋏となってしまいました。

 

▼佐々木さんの他界…

平成16年1月27日の朝、佐々木さんは、突然倒れてしまい、それ以来、帰らぬ人となってしまいました。50歳でした。地元産業ばかりでなく、他県でも人気の鋏であたっため、「こだわりの鋏」を作る職人が消えていったのには、とても残念でなりませんでした。

しかしながら、佐々木さんのいい仕事の結果である「鋏」を通して、まだまだ、多くの人に、美味しいりんごを伝えられるチャンスがありますので、本当に、心から感謝しております。そして、ご冥福をお祈りします。

 

▼佐々木さんからのメール(生前の…)

真人の鍛冶屋です。いつもお世話になっています。パソコンを買って、半年経ちますが、今初めてメールを打っています。そろそろりんごの木の剪定の季節がやってきますね。私も正月の二日から剪定鋏造りや修理におわれています。

ここ数年ステンレスの鋏に人気があり、鋼も日立ステンレス鋼440CやATS34を使用してきましたが、去年の暮れ、数年前開発されたZDP189鋼を始めて購入し使用したところ、これがかつてない優れもので、今この鋼を使った剪定鋏の製造に夢中になっています。

【私からの返事】

ホームページで、こだわりの剪定鋏を紹介しました。もしかしたら、直接メールが届くことがあるかもしれません。メールをやる際には、くれぐれもウイルスには気を付けてください。また、写真なんかを貼付する方法も覚えてください。…知らない人からのメールで、それにクリップマークが付いていたりしたら、注意して下さい。ウイルスが入ると聞いております。私は、ウイルスバスターのソフト購入しています。それでも、100%完璧とは言えないそうです。

▼2つ目のメール

真人の鍛冶屋です。さっそく、ホームページに書き足して頂きまして、ありがとうございます。大変満足しています。この間、野田さんのホームページを見て、青森県の○○様から剪定鋏の注文を頂き、送りましたところ、今日早速書留にて料金が届きました。○○様に、その旨電話しましたら、剪定鋏には大変満足しているようでした。

これも野田さんのお力と感謝致します。今後も、ほかのお客様から注文がありましたら、その都度メールにて連絡させていただきます。今すぐには無理かと思いますが、ホームページに載せて頂きました感謝の気持と致しまして、ZDP189鋼で造りました剪定鋏を野田さんにプレゼントさせて頂きたいと想っています。時間がありましたら、私の仕事場にも、時々顔を出していって下されば幸いです。

【私からの返事】

今年は良い年でありますように。
何の商品でも、本当に売れるものは、ものが良いのは当然のことですが、口コミが一番強いものだと思います。青森県の○○様の口コミから、今後増えていくのを期待します。私は、HP上でこんな鋏がある、と言っているだけで、詳しいお問い合わせは直接行くはずです。今後が楽しみですね。頑張って下さい。心遣いありがとうございます。

▼その後、新たな鍛冶屋さん発見

剪定はさみでインターネット上から検索すると大館の鋏は私のブログがヒットします。

我が地区横手市増田町では大鰐の三国鋏から流行り出し、
今ではほとんどの人が大館の鋏を持っています。
私は平成元年りんご全国大会青森大会の記念とした購入後、
地元増田での鋏そして、全国りんごわいかシンポジューム第二回大会記念で購入となりそれぞれ思い出の品で一度購入すると10年は使えるわけです。
佐々木刃物店、鍛冶屋事務所には祖父さん91歳の佐々木久七氏16年前の事から鋏作りが始まりました。
一番最初この鍛冶屋に来た青森県平川市の〇〇氏から始まり、
三国の鋏屋に足を運んだ話から昨年手の手術の話まで聞かされ今では青森県りんご協会にも商品として出ています。
現代農業にも出て、テレビにも出て卒業論文を書く大学生が秋田県の職人と題してこれまたヒットとなり生産が追いつかない状態です。

生き残りをかけての職人今では全国北海道沖縄までと各地そして、韓国にも海を越えて出回っていて近所の人は家族2,3人で良く飯食っていけるだろうと不思議がっているに違いないと祖父さんは語りこの鋏のおかげと語りだします。
大手メーカは大量生産するが、職人技には誰もまねできないところが生き延びる秘訣・・・だと

板柳町わい化技術研究会前会長の桜庭郁夫氏の話をしたら、
『先程来て置いて行った。パチンコ屋さんで時間をつぶしている・・・』
と、佐々木刃物店の奥様が言ったので早速電話してみた。
『鋏で来たから取りに来ても良いよ・・・今年もよろしく。』
『今年もよろしく・・・なんで野田君わかるの?』
『今ここにいる・・・』

久七氏の話を聞きながら、パチンコM〇大館店での負け帰りを待っていたら辺りが暗くなっていました。
鋏の握りの部分に龍や虎などの絵柄を入れているとまた格好良く
十二支を全部入れる事が出来ます。(別途5,000円位)
干支はなんだと桜庭氏は 『猿年だから猿は格好悪いから虎を入れている』と言います。
確かに・・・。
久七氏は『本当の龍を誰も見た事が無いため、入れるのは簡単だ』と言ってました。
私は辰年。何かに機会に・・・・・龍。猿より格好いい。
気づいたらそこで私 3時間もお茶のみをしていました。
その後3時間半かけて帰路。(運が良ければ久七氏と会える)

P1030058

鍛冶屋は、刀鍛冶屋と農具鍛冶屋から始まった2つの顔があり
大館の鍛冶屋鋏みやは、まさに刀鍛冶屋からの流れで現代に至っており
刃の特徴は硬い鋼が特徴で握りの部位には秋田犬の絵柄が付いており 大館を象徴しています。
一週間に10丁出来るか出来ないかの商品でそればかり集中出来なく他の鋏以外の仕事以来も来ているようです。
重さは250g前後があり刃の部分と握りのバランスで重さの感覚はあまり感じません。
私的には180g位で軽いほうが使いやすいのですが
若干の重みがパチンと切った後の衝撃を受け取るための負担を少なくしています。
その衝撃は長い期間使用しているとパチンという衝撃が肩までつたわってくるのです。
そのため秋田県大館市佐々木鍛冶屋の鋏は重めに作っている商品であり
ちなみに定価は、21,000円メンテナス1,800円です。
刃の部分は波の波紋のようになっている柄(墨流し)のがなんともいえない特徴で
最近は我が増田わい化研究会も30年の歴史があり、
それに伴い指導者、先生の持っている道具をまねるところから始まり今ではここ、佐々木刃物店に私も会員も落ち着いてきております。

P1030061

H24年辰年に合わせ、初めて購入した大鰐の三國ハサミ屋の同じ型で 自分に御褒美として購入しました。

野田りんご園引用関連ブログ

野田りんご園引用関連ブログ

リンゴのお問い合せはこちらから TEL 090-2794-7485 年中無休 FAX 0182-45-3536

PAGETOP
Copyright © 野田りんご園 All Rights Reserved.